ANAマイルと時々ワンコ

ANAマイルを貯めてゆくゆくはSFC修行できればと思っている主婦のブログです。

豊橋に行ってきました!

こんばんは、えびょです。

所用で愛知県豊橋まで行くことになり、新幹線に乗ることになりました。

豊橋発着の「ひかり」

f:id:ebyokeikei:20171020231024j:plain

豊橋駅は「こだま」及び「ひかり」の新幹線が停車します。

ですが、東京方面からの「ひかり」が止まる本数がとっても少ないのです。(逆も然りなのですが・・)

午前中に豊橋駅に到着する「ひかり」はわずか3本しかありません。

もちろん、午後の上りの「ひかり」も停車する本数は少ないです。

新幹線のスケジュール

f:id:ebyokeikei:20171020230707j:plain

用事の都合上、7:59と9:58着の「ひかり」は難しいので、

午前中最後に豊橋着11:58の「ひかり509」に乗車することになりました。

私は品川駅から同行者の方は、新横浜からそれぞれ乗車し豊橋駅で合流します。 

行き

品川発(10:40)ー豊橋着(11:58)

所要時間は1時間20分弱です。

「こだま」になると2時間10分かかりますので、1時間短縮できます。

ここで用事をすませてから帰りの時間を決定する必要がありました。

帰り

豊橋発(14:46)ー品川着(16:03)

豊橋発の「ひかり」午後は12:46、14:46、16:46があります。(この時間以降もあります。)

12時発ですと用事が終わらず、16時の電車ですと遅くなってしまいますので、対象外となりました。

当日

ここからは、時間との戦いです。

12時についてから用事をすませ、豊橋の駅に遅くとも14:30には戻ってこなくてはいけません。

用事も豊橋から別の電車に乗り換えていきますので、結構なハードスケジュールとなりました。

佐々木蔵之介さん主演映画の「超高速!参勤交代」ばりに高速で用事を何とかすませて、無事予定の新幹線に乗ることができました。

お土産は

f:id:ebyokeikei:20171020231516j:plain

ほとんど時間がなかったので、ゆっくりお土産を探すことができませんでした。

とりあえず、晩酌?用に豊橋名物のちくわを購入してきました。

そしてなぜかお茶!

実はこのお茶いつもこの時期に半額になっているということで、15袋購入なさっていた地元の方がいらっしゃいました。

お茶も試飲させていただいて美味しかったので、私も思わず購入してしまいました。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

久が原 de スイーツ(ラ・スプランドゥールさん②)

こんばんは、えびょです。

ここのところ食べ物ブログと化しているような気もするのですが、懲りずに今回もスイーツブログとなってしまいました。

 

以前ご紹介した、ラ・スプランドゥールさんに知人が購入したいものがあるとのことで、お供してきました。

近くで簡単なランチをすませて、いざお店へと向かいます。 

ラ・スプランドゥール (La splemdeur)さん

先日、全線1日フリー乗車券を配布していた、東急池上線久が原駅にお店はあります。

駅から徒歩1分以内にあるので、まさに駅チカのお店です。

知人の欲しかった欲しかった品物は季節限定のものだったようで、すでに販売終了していました。

彼女は他のものを購入したのですが、それにつられて私もついつい一緒に自宅用に購入してしまいました。

ショートケーキ

f:id:ebyokeikei:20171019232013j:plain

アプリコットのケーキ

f:id:ebyokeikei:20171019232200j:plain

スヌーピショップで購入した紅茶と一緒に美味しくいただきました。

ケーキの正式名があったのですが、メモってくるのをすっかり忘れてしまいました。

フランス語だと思うのですが、見て覚えるのに最近限界を感じています。

ブログをしているものとして、こういうことは極力ないようにしないといけないと反省しました。

 

ここのところ、体調不良で他のブロガーさんのブログをみれないことがあります。

落ち着きましたら、ゆっくり拝見させていただくつもりです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

クロワッサンたい焼き

こんばんは、えびょです。

知人から、たい焼きをいただきました。

 

昔はあんこが苦手でしたが、今は疲れると食べたくなるものにかわっています。

f:id:ebyokeikei:20171018214543j:plain

ほまれ庵さんの たい焼き。

昨今、いろんなクロワッサンたい焼きが販売されておりますが、こちらのかわは、しっとりした感じのものです。

「2個とも全部食べていいよ」とオットは言っていたのですが、一口食べたら最後まで全部あっという間に平らげていました。

 

この寒暖差に身体がついていけず、すっかり体調を崩してしまいました。

前々から喉の痛みがあったので気をつけないといけないと思っていたのですが・・・。

明日も寒いとのことですので、皆さま、どうぞ体調にお気をつけください。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

カラベルさんの「発酵バタースフレ」

こんばんは、えびょです。

 駅ビルの催事会場で売られていたお菓子が気になったので購入してきました。

 

カラベルさん

愛知県に本社をおくチーズ菓子専門店のお店です。

多種のチーズ関連商品がオンラインショップでも販売されています。

tkn-sweets.jp

発酵バタースフレ

f:id:ebyokeikei:20171017233535j:plain

購入したのは、オンラインショップでもおススメされている「発酵バタースフレ」です。

スフレなのでとても柔らかく、箱から取り出した時もしっかり冷やしてくださいと明記されていました。 

f:id:ebyokeikei:20171017233556j:plain

チーズケーキ好きのオットも「美味しい」と言っていました。

私も紅茶と一緒に美味しくいただきました。

 

先日の「侍プリン」と同様、気づいたのが最終日かつ訪れたのが夜ということで、売り切れの品も多かったです。

今度はハードタイプのチーズケーキが食べたいなと思いました。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。 

血圧計と血圧日記

こんばんは、えびょです。

 

原発性アルドステロン症という聞きなれない病名の可能性を指摘されてから、血圧を毎日測るように指導を受けました。

以前購入したままになっていた血圧計引っ張りだしてきました。 

f:id:ebyokeikei:20171016223656j:plain

上腕で測るタイプのものです。

そして血圧指導の際に、病院の先生から渡されたのがこちらです。

f:id:ebyokeikei:20171016222850j:plain

「私の家庭血圧日記」という血圧を書き込めるようになっているノートです。

f:id:ebyokeikei:20171016222922j:plain

1日朝、寝る前とフリーの3回血圧を書き込めるようになっており、朝の目覚めの状態記入できるようになっています。

f:id:ebyokeikei:20171016224029j:plain

複写式になっていて、切り取って先生に渡せるようになっています。

忘れないように毎日朝起きた時と寝る前に血圧計で測るようにしています。

正直面倒だなと思うこともありましたが、今では慣れてきました。

自覚症がない高血圧ですが、薬を服用して血圧が下がるといいなと思っています。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

原発性アルドステロン症と診断されるまで⑥(確定検査の結果は)

こんばんは、えびょです。

急に寒くなって急いで衣替えしないとと慌てて洋服を出しました。

これで本格的に秋の到来となりそうですね。

 

前回までに原発性アルドステロン症の確定検査を2種類実施しました。

今回は、その検査報告です。

原発性アルドステロン症と診断されるには

日本の原発性アルドステロン症の診断にの確定に関して、国内の2学会が基準を出しています。

 ①日本高血圧学会    :確定検査のうち1種類陽性で確定。

 ②日本内分泌科学会:確定検査のうち2種類陽性で確定。

先生は、内分泌科学会の方に合わせて今回2種類の検査を実施したようです。

検査結果は

カプトプリル負荷試験、フロセミド立位負荷試験ともに陽性でした。

このため、私は原発性アルドステロン症」であると診断されました。

原発性アルドステロン症は、副腎皮質ステロイドホルモンのひとつである、アルドステロンが過剰に分泌されることでおこる病気です。

原発性アルドステロン症の治療法

原発性アルドステロン症は大きく以下の2つのタイプがあります。

また、そのタイプによって治療法の選択肢がかわってきます。

①片方の副腎の病気(片側性)→手術もしくは薬の服用

②両側の副腎の病気(両側性)→薬の服用

アルドステロンが過剰分泌されている副腎が片側からのみか、両側ともなのかでタイプが確定されます。

①の場合、原因となる片側の副腎を手術により摘出し、アルドステロンの過剰分泌の原因そのものをのぞきます。

手術を望まない場合、薬を服用しアルドステロンの過剰分泌を抑制します。

個人の状況にもよりますが、多くの病院では手術を推奨されるようです。

②の場合は、両方の副腎を摘出することはできないので、薬の服用による治療のみとなります。(最近、一部の病院で両側性の方も部分切除の手術をするケースもでてきています)

なお、片側性と診断され手術をしても、治療期間や腎臓の状態により薬の服用が必要な場合があります。

手術の場合、造影剤を入れたCT検査検査では左側の副腎が腫れていたのですが、正確にどちらの副腎からアルドステロンが過剰分泌しているか検査するから必要があります。

今後の方針

手術するためには事前に3日程度の検査入院する必要があります。

手術するにしても、動脈硬化などが進行していないかどうか確認する必要があるので、次回はこれらの検査をすることにしました。

それまでは、セララ錠25mgを一日一回服用することになりました。

こちらの薬はアルドステロンの分泌を抑える薬です。

血圧が高めなの以外は全く自覚症状がないのですが、このまま次回の検査まで様子を見ていきたいと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

原発性アルドステロン症に関する過去記事はこちらから

keikei-mile.hatenablog.com

keikei-mile.hatenablog.com

keikei-mile.hatenablog.com

keikei-mile.hatenablog.com

keikei-mile.hatenablog.com

 

 

 

 

原発性アルドステロン症と診断されるまで⑤(フロセミド立位負荷試験)

こんばんは、えびょです。

 

少し間が空いてしまいましたが、前回に引き続き、原発性アルドステロン症の疑いが強いために受けた、2つ目の確定検査について書きたいと思います。 

前回の検査後に

前回のカプトリプリル検査後、注射針の痕がどんどん濃くなっていき半袖で外に出るのが困るくらいになりました。

検査後、2、3日後は体調も悪い日が続いたので、次回の検査がとても不安になりました。

いよいよ検査当日

不安のまま検査当日になりました。

受付の際、前日から言おうと思ったことを実行することにしました。

私「今日検査にまいりました◯◯です。こういういう腕の状況なので、今回の検査はできたらベテランの方にお願いできますしょうか?」

と言って両腕をまくってみせました。

対応した看護師さんは腕を見て「わかりました、先生にお願いして見ますね」とおっしゃってくださいました。

私はホッとして席で名前を呼ばれるのを待ちました。

フロセミド立位負荷検査とは

入院して実施する病院もありますが、私は通院でお願いしました。

フロセミドというを薬剤を投与され立位状態で過ごすと、利尿作用があるため循環血液量低下し、腎血流低下するので、レニン活性(PRA)が上昇します。

これに対して原発性アルドステロン症の方は、もともとアルドステロンがでているのでレニン活性は抑制されたままとなります。

このため、この検査で血液検査でレニンの値が上昇しない場合は、原発性アルドステロン症が陽性となります。

フロセミド立位負荷検査手順

①食事はとらずに病院にいきます。

②まず、ベッドに横になり安静状態を30分たもち、1度目の血液採取

③その後、フロセミド40mgのボーラス投与(一気に静脈投しますので冷たく感じることがあります)

④ベッドから立位に移り、室内で軽歩行・立位保持で過ごし60分後と120分後に採血を実施します。

ちなみにこの検査は原発性アルドステロン症確定検査の中でも一番長いものだそうです。

いざ出陣!

名前を呼ばれ、返事をして意を決して?看護師さんの後についていきます。

前回と同じ部屋に案内され、緊張の一瞬を迎えます。

検査の先生は、前回の方ではありませんでした。(少しホッとしました。)

先生におずおずと腕を見せると、開口一番「一回で取れるところからとりましょうね」とおっしゃってくださいました。

そして、私にとってのメインイベント?の血管ルート確保は、あっさりするぐらいすぐにおわりました。

拍子抜けしたような顔をしていたと思われる私に対して、先生が

「人間の腕って内側より外側の方が痛みを感じるの。後で腕つねってみて。手首の血管が太くて良さそうだったのでここにしました。」と笑顔でお話ししてくれました。

たしかに後で腕をつねると内側の方が痛みが弱かったです。

新たな試練

先生にルートの保護をしていただいた状態がこちらです。 f:id:ebyokeikei:20171014225831j:image

そして、ここから立ったまま2時間を過ごすことになります。

受付の前まで移動して、この辺で2時間過ごしてくださいと言われます。

フロセミドは利尿作用があるので、お手洗いに行きたい時は声をかけるようとのことでした。

受付前なので人の出入りが結構あります。

なんでこの人じっと立っているんだろうと見る人もいて、ちょっと恥ずかしくなりました。

そこで、受付に確認・許可をいただいて、病院内をウロウロ歩きまわることにしました。

小児科や眼科などいろんな科を横目に見ながらぶらぶらとお散歩します。

何度も同じ科を通るのも申し訳ないので、病棟と病棟の渡り廊下でニュース記事を見たり、LINEをしたりして時間を潰します。

60分後、120分後に戻って血液採取をするのですが、これも立ったまま実施します。

この2時間の時間経過がとても遅く感じました。

でも、この試練も前回のあの痛みに比べれば・・・と思って乗り切りました。

検査が終わって

無事二回の検査も終わって、血管ルートも外されたので、思い切って先生に声をかけます。。

私「前回ルートがなかなか取れなくて、その後体調も悪くなったので、今回の検査ドキドキしてました。」

先生「そう聞いたので、私が来ました。」

私「ホッとしました。ありがとうございました!」

つい本音が出てしまいました。

先生、本当にありがとうございました!

心配して定時後すぐに帰った来たオットは、元気な私をみて拍子抜けしていました。

とりあえず2つの検査が終わったので、次回は結果報告を受けにいきます。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

原発性アルドステロン症に関する過去記事はこちらから

keikei-mile.hatenablog.com

keikei-mile.hatenablog.com

keikei-mile.hatenablog.com

keikei-mile.hatenablog.com